1. TOP
  2. 腰回りのダイエット3選!寝ながらぜい肉を落とすための方法

腰回りのダイエット3選!寝ながらぜい肉を落とすための方法

 2017/07/24 睡眠美容  
腰回りに脂肪がついている太った女性

気付くとズボンの上にたっぷりと現れる、腰のぜい肉。

腰に脂肪がつく原因には姿勢や冷え、生活習慣などさまざまな要因が関係しています。

ここでは、寝ながら気軽にできる腰回りのダイエットなどについて詳しく解説します。

腰回りのダイエットに効く!寝ながらエクササイズ3つ

では、さっそく腰回りのダイエットに効くエクササイズをご紹介します。

今回ご紹介するのは、

  1. クッションを使ったエクササイズ
  2. おしりをゆらすだけ!簡単エクササイズ
  3. おしりをゆらすエクササイズにひねりをプラス

の3つです。

寝る前や起きた直後、テレビを見ながらでも気軽にできるものばかりを集めたので、毎日少しずつでも継続して行いましょう。

1:クッションを使ったエクササイズ

うつぶせになった状態から軽く上体を起こし、両ひじを曲げて肩の真下に肘を置きます。

体を真っすぐに伸ばしたら、クッションなど適度な軽さで柔らかいものを両足で挟み、ひざをぐっと曲げてクッションをおしりにできるだけ近づけます。

この動きで、太もも裏とおしりを引き締めることができます。

ひざを曲げたら、上半身を固定したまま左脚を持ち上げ、腰を起点に右側へひねります。

片方ができたら反対側へも腰をひねり、ウエストを引き締めましょう。

ほどよいくびれ作りに効果が期待できます。

2:おしりをゆらすだけ!簡単エクササイズ

腰回りのエクササイズというと体を大きくひねって負荷をかけるものが多いですが、おしりをゆらすだけの簡単エクササイズでも十分効果が期待できます。

まず、うつぶせになって腕を顎の下に重ねます。

足は軽く開いて、両足の裏同士を合わせましょう。

姿勢が整ったらおしりを前後左右にゆらゆらとゆするだけです。

特に回数や時間などに決まりはないので、テレビを見ながら、雑誌を読みながらなど、何かをしながらできる手軽なエクササイズです。

3:おしりをゆらすエクササイズにひねりをプラス

ひとつ前の項目でご紹介したおしりをゆらすエクササイズでは物足りないという方は、腰のひねりを加えてみましょう。

うつぶせになって腕を顎(アゴ)の下に置いたら、ひざを曲げ、かかととおしりを近づけます。

そこから足を右側に倒し、同じようにおしりをゆらしましょう。

ある程度ゆらしたら足を入れ替えます。

腰回りが太くなる3つの原因

腰回りが太くなる原因には主に下記の3つが考えられます。

1:姿勢が悪い

猫背や反り腰といった悪い姿勢をとる癖がついている人は、腰回りが太りやすい傾向があります。

これは、猫背や反り腰がお腹に力を入れていない姿勢だからです。

腰回りに緊張感がなくなることで腰や腹部がたるみ、肉がつきやすくなります。

常に姿勢を正すことを意識し、腰回りにぜい肉がつくのを防ぎましょう。

2:股関節のゆがみ

股関節にゆがみがあると、姿勢や歩き方が崩れやすくなります。

股関節周りの筋肉や関節自体が硬くなっていると、股関節がゆがみやすくなってしまいます。

ストレッチなどを行って股関節を柔らかく保ち、姿勢や歩き方を改善することで腰回りに肉がつきにくくなる効果が期待できます。

3:冷え性

腰回りの外側についている筋肉は薄いため、腰は冷やしてしまいやすい部位でもあります。

筋肉が少ない部分は脂肪を燃焼しにくいので、自然と肉がつきやすくなります。

衣類や腹巻などで腰をしっかりと温める他、腰の曲げ伸ばしなどの運動をこまめに行い、できるだけ腰の筋肉を使うようにしましょう。

30代に入ると腰回りが太る!?

20代のころは特に腰回りの肉を気にしたことはなかったのに、30代に入ったとたんにくびれがなくなった!という方も多いのではないでしょうか。

実は、30代と20代の体には大きな違いが2つあります。

1:基礎代謝が低下する

30代に入ると、20代のときよりも基礎代謝が低下します。

1日の中で消費されるカロリーが減ってしまうため、食事量や運動量を特に変えていなくても体に脂肪がつきやすくなります。

運動量を増やすなどして、基礎代謝を上げる工夫をしましょう。

2:女性ホルモンの分泌量の低下

30代、40代と年齢を重ねるに従い、女性ホルモンの分泌量は減少していきます。

女性ホルモンには美しい肌やくびれを作る作用があるので、これが減少することによってくびれがなくなり、腰回りに肉がつきやすくなります。

豆乳や豆腐などの大豆製品を食生活に取り入れることで女性ホルモンとよく似た成分である大豆イソフラボンをとり、くびれの維持を目指しましょう。

腰回りのダイエットで気をつけたいこと

腰回りのダイエットでは、運動以外にも気をつけるべき点があります。

1:食事や睡眠などの生活習慣を改善する

腰回りのダイエットでは運動をして筋肉を動かすことももちろん大切ですが、並行して食事や睡眠などの生活習慣を改善することでより効率的に脂肪を落とすことができます。

睡眠時間をしっかり確保して基礎代謝を上げ、バランスのよい食生活を心がけましょう。

2:冷え対策をする

前述の通り、冷えはダイエットの大敵です。

生姜や根菜など体を温める食べ物を取り入れたり、腹巻などを利用したりして腰を冷やさないようにしましょう。

3:腰痛がある人は無理をしない

エクササイズを行う際は、できる範囲で行うようにしましょう。

特に腰痛のある方は、無理をすると症状が悪化してしまう可能性があります。

自分の体の調子を考慮し、痛みが出るようならすぐにエクササイズを中止しましょう。

まとめ

腰回りは30代になって基礎代謝が落ちると肉がつきやすい部位です。

日頃の姿勢や生活習慣に気をつけ、腰回りに肉が付かないよう注意しましょう。

腰回りの脂肪が気になる方は寝ながらできる手軽なエクササイズを毎日地道に続け、理想のくびれを目指しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

SLEEPSの注目記事を受け取ろう

腰回りに脂肪がついている太った女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SLEEPSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部です。