1. TOP
  2. ウゥ~っと睡眠時にうなる原因はなんなのか調べてみた

ウゥ~っと睡眠時にうなる原因はなんなのか調べてみた

 2016/09/28 不眠症  
唸る女性

夜中ぐっすり眠っている時、「ウ~ン、ヴーー…」と、唸り声を発している人は、実はかなり多いようです。

本人は無自覚でも、人に指摘されたり、中には自分の唸り声で目が覚めたという人もいるようです。

イビキや歯ぎしりは、睡眠時の症状として有名ですが、あまり取り上げられない睡眠時の「うなり」について悩んでいる人も実際かなり多いようです。

この「うなり」の原因から、改善策があるのか調べてみました。

カタスレニア→体質のため、主な治療法なし

空の箱

カタスレニアは「睡眠関連うなり」とよばれ、その主な症状は、文字通り「うなる」ことです。

詳しくいうと、睡眠中に深く息を吸い、その後うなりながら長く息を吐くという一種の体質的な症状で、この症状の場合、睡眠時に呼吸が止まる(無呼吸)ということがないのが特徴です。

残念ながら体質という枠に入るため特に治療法はないようです。
(どうしても治療したい場合は、脳を麻痺させる麻酔薬的な治療になり、かなり大がかりなものになるようです。)

睡眠時無呼吸症候群→肥満解消と、専門医を受診しょう

睡眠の専門医

睡眠時無呼吸症候群では、いびきをかく場合が多いようですが、うなるという症状もあります。

睡眠時無呼吸症候群は多くの場合が肥満が原因となっており、肥満により蓄積された脂肪が上気道を狭くしていることが、睡眠時のうなりの症状を引き起こしている可能性があります。

この場合、肥満解消と、専門医による診断・治療が大切です。

その他要因(悪夢、温度、風邪などによる体調不良)

悪夢

睡眠時のうなるという症状は、はっきりと原因が分かっていないものも多く、カタスレニアと睡眠時無呼吸症候群以外は原因不明として分類されてしまいます。

睡眠中は、覚えていなくても色々な夢をみていますし、室温が合っておらず寝苦しかったりと、その日の心身の状態も無意識のうちに表れてしまっているのかもしれません。

自分自身の心と体の状態や、眠りの環境を、見直してみるのも良いかもしれません。

うなり対策の1つとしてナステントを利用してみる

ナステントの画像

睡眠中にうなる原因に一つに、睡眠時無呼吸症候群があります。

そのようなことに自分自身が思い当たるのであれば、この【ナステント】を利用してみるのもいいかもしれません。

これは鼻からチューブを挿入し、睡眠時に狭くなってしまう気道を確保するいびき防止グッズです。

今なら無料モニターで2本もらうことができますので、試してみるのもいいかもしれません。

下記にナステントについて詳しく書いたレビュー記事がありますので、興味がある方はご覧ください。⇒いびき防止グッズ【ナステント】がスゴイ!徹底口コミレビュー!

睡眠中にうなる対策を体の中から行う

うなる原因として、体調不良など体の調子が悪い時に起こる場合もあります。

体調を良くするためには、いろいろな栄養ドリンクやサプリメントがあります。

その中でも、いびき防止サプリを利用してみるというのも一つの手段かもしれません。

いびきサプリについて詳しいレビューページがありますので、興味がある方はご覧ください。⇒いびきをサプリで防止!おすすめランキング|寝息の症状に合った選び方

まとめ

睡眠中にうなってしまう原因は様々で、人それぞれで改善策は違ってくるようです。

体質からの症状であることが多く、その場合、改善というのはなかなか難しいかもしれません。

睡眠中は当然ながら意識がないため、自分で制御することは難しくなります。

この症状を気にして、不眠になってしまっては、更に重大な病気の症状があらわれてしまいます。

そうならない為にも、周囲の人の理解を得て、あまり気にしすぎないことが大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

SLEEPSの注目記事を受け取ろう

唸る女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SLEEPSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部です。