1. TOP
  2. 誰でも簡単!ぐっすり寝るための9つの方法

誰でも簡単!ぐっすり寝るための9つの方法

 2015/06/29 安眠・快眠方法  
ベットでリラックスする女性

特定の食事と運動習慣、夜間の習慣、他にも様々な方法で、寝る前の身体を整えましょう。
あなたが良い睡眠を取れるようにするための毎晩の習慣が必要です。

色々面倒そう?

心配ご無用、全く努力は必要ありません。
いくつかの簡単な心掛けだけで、ごろごろ過ごす夜から、良い睡眠を得られるように変わります。

寝るための落ち着くベッドルーム作り

おしゃれな寝室

穏やかでぐっすり寝るために、落ち着く睡眠スペースを作るためにはどうしたらいいか見ていきましょう。

耳栓やサウンドコンディショナー

外からの騒音は睡眠を妨げます。静かな環境を作るために必要なものを使いましょう。
また、騒音がどのようなものなのか確認しましょう。

ホワイトノイズのように一貫したものなのか、テレビのように変則的な音なのか。
騒音はあなたの睡眠を妨げるだけで、助けてくれるものではありませんよ!

まぶしい光を避ける

寝る前30分~60分には天井照明か間接照明のみにし(出来るだけオフにする)部屋を薄暗くする。
携帯電話やTV画面からの光も究極の睡眠を妨げてしまうでしょうから、眠りに落ちたらすべての電気機器が睡眠時間の間、電源オフにされるようにするといいでしょう。

目覚まし時計を見えないところにセット

寝入る時に時計をチェックすることでストレスレベルが増しますし、一旦起きたら寝れなくなります。

目覚まし時計を見えないところにセットすれば、ベッドからは時計を見なくて済むし、もし眠れなくても、疲れを感じるまで読書をするか音楽を聴くかすれば、また眠りに落ちることができるでしょう。

ぐっすり寝るためにライフスタイルを調節する

景色を眺める女性

より快適に眠るために必要な活動をして他人との接触を避けましょう。

一定の睡眠スケジュールを保つ

毎日同じ時間に就寝、起床しましょう—週末であっても、自然な起床・就寝バランスを徹底しましょう。

昼寝はしないように

昼寝をすると夜寝ることが難しくなります。

もし必要であれば、30分以内を限度にし、夜寝るまでの時間に最低でも4時間は空けるようにしましょう。

睡眠習慣をつくる

夜間の一通りの習慣を作り上げると、身体がくつろいでいる状態を認識しやすくなります。

例えば寝る前の30分~60分前にベッドの中で読書をしたり、温かいシャワーを浴びたり、入浴したりするなどです、(温かい水は特に役立ちます、つまり身体を冷やし体温を下げることで眠気を感じやすくなります。)

睡眠にふさわしい健康的なチョイスを

健康的な女性たち

摂取する食品や飲料、喫煙するかどうかや、どれだけよく運動をするかで、どれだけよく寝られるかが決まってきます。

夜に刺激物を避ける

ニコチンとカフェインは目覚めを助ける化学物質なので、寝る前の4~6時間はお茶やコーヒーを飲んだり、チョコレートを食べたり(すべてカフェインが含まれている)、ニコチンを含むタバコを使用することは避けたほうが良い。

アルコールでさえ、眠気を感じていたとしても、質の高い眠りに就くことが出来なくなってしまうので、就寝時間が近づいたら、グラス一杯分以上のリキュールやワイン、ビールといった晩酌は避けたほうがいい。

食べ物に注意を払い就寝前に必要な水分を採る

就寝前に空腹や過度に満腹を感じると快適な睡眠をとりにくくなります。

さらに寝る前夜遅くに大量の水分を採ることで夜中トイレに行きたくなってしまうかもしれません。

なので食品や飲み物は賢く選択しましょう。

正確な時間と共に身体を意識しましょう

日中運動すると夜眠りやすくなりますが、次のことを覚えておいてください。

寝る時間近くまで運動すると、興奮状態が続き眠りにくくなります。
身体に言い聞かせてください。

ほとんどの人が寝る数時間前までさえ動こうとしますが、もし可能なら、夜間動きたくなった場合は、ヨガのようなリラックスできるような運動習慣に置き換えるとよいでしょう。

また、こちらにすぐに寝れる方法の記事があるので、興味がある方はご覧ください。⇒すぐに寝れるたった1つの方法【つぶやき入眠法】がスゴイ!そのやり方

 


\ SNSでシェアしよう! /

SLEEPSの注目記事を受け取ろう

ベットでリラックスする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SLEEPSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部です。