1. TOP
  2. 眠気覚ましにエナジードリンク!25種類をカフェイン多い順にランキングしてみた

眠気覚ましにエナジードリンク!25種類をカフェイン多い順にランキングしてみた

 2015/03/22 睡眠の豆知識  

 

さて、今回は眠気覚ましに最適なエナジードリンクは何か!?というのが、個人的にずっと気になっていて、ちょっと調べてみました。

今回取り上げたエナジードリンクの条件はこんな感じっす。

  • 日本で発売されているもの
  • 私がコンビニなどで見つけたことがあるもの
  • カフェイン含有量のみでランク付け

こんな感じですね。
あまりにもマニアチックなものを調べて書いても買えないと意味ないですからね。

エナジードリンクには、アルギニンやらBCAAやらなんやらかんやら色々な成分が入っていますが、スリープスとしては、

やっぱカフェインの量でしょ~~!!!

つうことで、カフェインの量のみでランキングしてみました。

調べてみたら結構おもろい結果になりましたよw
カウントダウン方式で紹介していきやす!

んでは、レッツゴウ!!(^▽^)

25位:シャークエナジードリンク

シャークエナジードリンク

容量:250ml
カフェイン:20mg
100mlあたりのカフェイン量:8mg

セイユーかどっかのスーパーで売っていた記憶がありました。
名前の割にはカフェイン少な目。

何をもってシャークなのか?と問い詰めたい一本。

24位:ミラクルエナジーV

ミラクルエナジーV

容量:250ml
カフェイン:22mg
100mlあたりのカフェイン量:8.8mg

イチ!ニー!!サンガリア♪でおなじみのチープな飲料メーカー、サンガリアのエナジードリンク。
エナジードリンクには珍しく、タウリンが入っていやす。

23位:アサイーチャージ

アサイーチャージ

容量:190ml
カフェイン:38mg
100mlあたりのカフェイン量:20mg

カルピスからだしている、女性向けのエナジードリンク。

21位:RAIZIN

RAIZIN

容量:185ml
カフェイン:50mg
100mlあたりのカフェイン量:27mg

ジンジャー!!な感じで辛口感がすごいエナジードリンク。

21位:Joma

Joma

容量:190ml
カフェイン:50mg
100mlあたりのカフェイン量:26.31mg

ショコラBBでおなじみのエーザイからでているエナジードリンク。
この指がちょっと怖い。

ヒステリックな女性をイメージした一本。

20位:リゲインエナジードリンク

リゲインエナジードリンク

容量:190ml
カフェイン:57mg
100mlあたりのカフェイン量:30mg

黄色と黒は勇気のしるし!24時間たたか~えまっすか♪でおなじみのRegainからでたエナジードリンク。

80年代のバブリーな時代を味わえる一本。

19位:ペプシエナジーコーラ

ペプシエナジーコーラ

容量:200ml
カフェイン:60mg
100mlあたりのカフェイン量:30mg

エナジードリンクなのにコーラの味というなにがなんだかわからない一本。
これを飲むなら普通のコーラを飲むでしょうね。うん。

18位:ライフガードエックス

ライフガードエックス

容量:250ml
カフェイン:75mg
100mlあたりのカフェイン量:30mg

私が大好きな飲料メーカー、チェリオから出しているエナジードリンク。
SFチックなパッケージがいい感じ。

17位:レッドブル – 185ml

レッドブル - 185ml

容量:185ml
カフェイン:79.92mg
100mlあたりのカフェイン量:43.2mg

エナジードリンクと言えばこれ。レッドブル。
185mlはいわゆる、ショート缶のほうになります。

250mlのロング缶もありますが、この後のランキングで出てきますが、成分量はほぼ変わりません!w
なので、安い185ml缶を買った方が、コスパはいいでしょうね!

11位:ロックスタースパークリングエナジー

ロックスタースパークリングエナジー

容量:250ml
カフェイン:80mg
100mlあたりのカフェイン量:32mg

ブルーベリーとアサイーフレーバーのロックスター。

11位:SAMURIDE

SAMURIDE

容量:250ml
カフェイン:80mg
100mlあたりのカフェイン量:32mg

八角や棗といったオリジナリティーあふれる成分が入っているエナジードリンク。

グラフィックがCOOL!!!

11位:スパークリングユンケル

スパークリングユンケル

容量:190ml
カフェイン:80mg
100mlあたりのカフェイン量:42.10

栄養ドリンクではおなじみ、ユンケルのエナジードリンク。
ま~、無難に栄養ドリンクのユンケル買っとけ!と言いたくなる一本。

11位:エネマニア

エネマニア

容量:250ml
カフェイン:80mg
100mlあたりのカフェイン量:32mg

トマトケチャップでおなじみのデルモンテがエナジードリンクだしたの!?と一瞬目を疑ったパッケージ。

トマト嫌いの自分は、どうしても飲むのに抵抗がある一本。

11位:リゲインエナジードリンク2000

リゲインエナジードリンク2000

容量:190ml
カフェイン:80mg
100mlあたりのカフェイン量:42.10mg

リゲインエナジードリンクのアルギニンを2倍である2,000mg配合したエナジードリンク。

11位:レッドブル – 250ml

レッドブル - 250ml

容量:250ml
カフェイン:80mg
100mlあたりのカフェイン量:32mg

250mlのレッドブルはいわゆるロング缶の方。
今日はちょっといつもより疲れているから、こっちの250ml缶にしよ~~!!っという人。

実は成分量は185mlとほぼ変わりやせん!

これは意外でした。
250mlの方が成分量多いと思っていたもん。

多いのは水分だけという、水分補給に特化したいという人向けの一本。

10位:マッドクロックエナジードリンク

マッドクロックエナジードリンク

容量:190ml
カフェイン:95mg
100mlあたりのカフェイン量:50mg

これもセイユーのレジ付近ワゴンで発見した記憶がある。

9位:burn

burn

容量:300ml
カフェイン:96mg
100mlあたりのカフェイン量:32mg

個人的に結構好きなエナジードリンク。
エナドリには珍しく、キャップがついている。

ボトルタイプで見た目多く入っているように見えるが、意外に300mlとモンスターエナジーより容量は少ない。

8位:パワーエイド フューエルエックス

パワーエイド フューエルエックス

容量:500ml
カフェイン:100mg
100mlあたりのカフェイン量:20mg

一時期ハマりにハマりまくっていた。500mlという大容量もうれしい。

ここからカフェイン量が100mgと大台に乗ってくる。
眠気覚ましにはここら辺のクラスから上を狙った方がいいかもしれない。

7位:ロックスターエナジー

ロックスターエナジー

容量:250ml
カフェイン:120mg
100mlあたりのカフェイン量:48mg

結構置いている店が増えている印象をうけますな。

6位:モンスターエナジー

モンスターエナジー

容量:355ml
カフェイン:142mg
100mlあたりのカフェイン量:40mg

自分が一番好きなエナジードリンク。
シュガーフリーやM3、KHAOSなどが日本では販売されていますが、すべてカフェイン量はほぼ変わりません。

シュガーフリーやKHAOSもカフェインは142mg。
それに対しM3のカフェインは、140mg。

M3は普通のモンスターエナジーより、カフェインは少ないんです!w

M3は成分が3倍ではなく、3倍濃縮w
なので、眠気覚ましという目的であれば、高いお金を払ってM3を買う必要はあまりないっすね。

3位:コーヒーモンスター

コーヒーモンスター

容量:355ml
カフェイン:160ml
100mlあたりのカフェイン量:45.07mg

コーヒーのエナジードリンク!?なんじゃそりゃ!?とお茶の間を騒がせた一本。
どんな味なのか恐る恐る飲んでみたが、なんのこっちゃない、普通の缶コーヒーの味である。

3位:ブラックアウトゴッド

ブラックアウトゴッド

容量:250ml
カフェイン:160mg
100mlあたりのカフェイン量:64mg

さぁ、ここからは個人的におもろい展開になりました。
なんと、ドンキホーテのオリジナルエナジードリンク、ブラックアウトシリーズの「ゴッド」がランクイン。

正直、ドンキホーテでオリジナルエナジードリンクを販売していたというのが驚きでした。
そして、このカフェイン量。まさにゴッドである。

3位:パンクラスエナジー

パンクラスエナジー

容量:250ml
カフェイン:160mg
100mlあたりのカフェイン量:64mg

メイドインジャパン!のエナジードリンク。半受注生産のようであまり見かけることが少ないかもしれないエナジードリンク。

2位:ブラックアウトゼロ

ブラックアウトゼロ

容量:500ml
カフェイン:175mg
100mlあたりのカフェイン量:35mg

ブラックアウトのカロリーゼロ版ですね。人工甘味料ヒーハー!!な一本。

1位:ブラックアウト

ブラックアウト

容量:500ml
カフェイン:190mg
100mlあたりのカフェイン量:38mg

堂々一位はドンキホーテのオリジナルエナジードリンク「ブラックアウト」

眠気覚ましのエナジードリンクとしては文句ない一本かと思う。

ついでに100ml辺りに含まれるカフェイン量のランキングもしてみました。

カフェイン

全部ランキングするのもあれなんで、ここはトップ10を厳選して紹介していきますね!

1位:ブラックアウトゴッド 64mg

1位:パンクラスエナジー 64mg

3位:マッドクロックエナジードリンク 50mg

4位:ロックスターエナジー 48mg

5位:コーヒーモンスター 45.07mg

6位:レッドブル – 185ml 43.2mg

7位:リゲインエナジードリンク2000 42.1mg

7位:スパークリングユンケル 42.1mg

9位:モンスターエナジー 40mg

10位:ブラックアウト 38mg

飲みすぎはカフェイン中毒の可能性あり。致死量に注意しましょう。

いや~、意外や意外、ドンキホーテのエナジードリンクがカフェインが多いというのが意外でした。

さすがDQNのご用達のお店です!

このカフェインをたっぷり含んだエナジードリンクをDQNに飲ませ、覚醒させて購入してもらうという、新手のビジネスの予感!つうのは冗談として、レッドブルや、モンスターエナジーが意外にカフェインの量では少ないとの結果が出ました。

やはり眠気覚ましにはカフェインが王道だと思うので、今回はあくまでカフェインの量のみにしぼったランキングでした。

このランキングを見る限りですと、ブラックアウトゴッドを2本飲むと、320mgのもカフェインを500mlの容量で摂取できる計算になります。

これはなかなかのカフェイン量であり、ある意味危険かもしれないっすね。

一日のカフェイン摂取量は自分の体重と照らし合わせて、前もって調べておきましょう!

決して致死量は超えないようにしましょう。

でないと、知らないうちにカフェインの危険ラインを越えてしまうかもしれません。

最後にカフェイン摂取量と体重の危険ライン一覧を載せておきます。

眠気覚ましといえど、エナジードリンクは適度に飲むようにしましょう!

カフェイン一日摂取量危険ライン

 

 

 


\ SNSでシェアしよう! /

SLEEPSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SLEEPSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

スリーパー1号

スリーパー1号

ショートスリーパーにあこがれる、ノーマルスリーパーです。
SLEEPS編集部の一員でもあります。
7時間睡眠が理想ですが、平均5~6時間睡眠でやんす。