1. TOP
  2. 睡眠と仕事どっちが大切?睡眠の重要性について熱く語ってみる

睡眠と仕事どっちが大切?睡眠の重要性について熱く語ってみる

 2015/07/02 睡眠の豆知識  
ネクタイを締めるビジネスマン

どうも皆さんお久しぶりです!

質のいい睡眠とっていますか!?

今日はひっさびさの記事になります!

かれこれ、睡眠に関する本を30冊以上読んだんですが、(微妙な数ですなw 今後もっと読みますw)
ま~、面白かったり、難しかったり色々ありましてね。

本を色々読む中で、睡眠に関して思うところを、ここらでちょっとまとめてみようかと思ったわけです。

何のことかというと、【睡眠の重要性】についてです。

今回は、仕事と睡眠どっちが大事ですの?をテーマに書いてみました。

それでは、流れに身を任せて、行きますか!!

なんで睡眠は重要なのか?

夕日を見つめる女性

よくこういうこと聞きません?

人間は人生の1/3も寝ていると。

1日24時間。1日7時間眠ると仮定すると、

一日の約29%眠っていることになります。

人生85歳までだと仮定すると、約25年眠っていることになります。
実際は赤ちゃんの時もあるので、もっと眠っている事になるわけです。

もう一回、見て下さい。約25年です。

約25年ですよ!!

これ、スゴイと思いませんか?

人生においてこんなにも割合を占める睡眠ですが、ないがしろにされてる感が半端ないと思うんですよね。

おかしくないですか?

あなたの人生の1/3以上を占めるものに関して、ないがしろにするのは。

私が思うに、残りの2/3をより有意義に過ごせることは、1/3の睡眠をどう過ごすかによって変わってくると思っています。

家で言うなら、睡眠は基礎工事とでもいうのでしょうか。

だから、睡眠はものすごく重要で、大切な事なんです。

睡眠時間と起きている時間の関係は表裏一体である

陰と陽

私が思うに睡眠時間と起きている時間は表裏一体だと思うんですよね。

睡眠が悪ければ、起きているときも調子悪いし。
起きているとき、ストレスとか色々あると、良質な睡眠がとれないし。

表裏一体。陰と陽。
陰陽道なわけですな。

もっと睡眠を軸にした生活をするべきだ

男性の生活スタイル

なんというか、もっと睡眠を人生の軸に持ってきてもいいと思うんですよね。

そうすれば、人生変わるんじゃないかと。

なんか、眠らないことが美徳とされる感、日本にはありませんか?

寝ないで頑張る=あいつスッゲー!!(゜▽゜)

みたいな。

ん~~~~って感じです。

もう、そういう時代じゃないんじゃない?と、こう思うわけです。

もう、そういう時代じゃないっすよ~

ジェネレーションギャップ

若者がよく言う言葉。
もう、そういう時代じゃないっすよ~~

そうです、団塊世代の人が言われたな一番イラッとくる言葉ランキング、今週堂々ナンバーワンに輝きましたこの言葉。

イラッときますよね。わかります。
団塊世代じゃないけどわかります。
そういう若者にはパンチしていいです。

かくいう私も青二才ですが、今回の記事だけは言わさせてください。

「もう、寝ないで頑張るとか、そんなこと言う時代じゃないっすよ~~~」と。

眠らないで働くことは偉くない。

夜通し働く男性

今の日本があるのは、高度経済成長期に寝る間も惜しんで働いていたサラリーマンの皆さんのおかげです。

団塊世代のサラリーマンの皆さんが、リゲイン飲んで24時間戦っていたからです。

だからこそ、今の日本があるわけです。

それは、すごいことです。称賛に値します。
日本人の底力ですな。

でも、今は違います。

め~~~っさ頑張ったからといっても、モノが売れるわけではない。
日本国内のみならず、海外勢力のライバルだって沢山いる。

世は大海賊時代ならぬ、めっちゃモノがあふれかえる時代。

悲しきかな、根性論でどうにかなる時代ではなくなってきています。

個人的には、今も根性論は大切な事だと思っており、結局は「根性=精神=マインド」が一番なので、ないがしろにする気は毛頭ありません。

ですが、根性論でどうにかなるものでもないこともわかっています。

矛盾ですな!と。
んじゃ~、なんですの!?と、なりますが。

結局のところ何を言いたいのかといいますと、「眠らないで頑張ればなんとかなる!」という時代ではない。という事です。

なんというか、もっと効率的にいきましょうや。ということですな。

このご時世、よりスピーディーで効率的に。
より面白いアイディア、よりクリエイティブな仕事。

これらが、大切になってきている。と私は思っています。

そうなってくるとですね、寝ないでクリエイティブな事なんて、できるわけないんですよ。
眠たくて頭グワングワンの状態で、どんな素晴らしいアイディアが思いつくんでしょうか?

そんな感じで、より素晴らしいアイディア、クリエイティブな仕事をしていくうえで、大切なカギを握っているもの。

そう、それが、【睡眠】なわけですよ。

睡眠を中心とした生活にすると、人生はうまく回り始める

人生が上手く回り始めた少女

そして、睡眠の大切さが分かってくると、タイムマネージメント能力も身についてくるのでは?とも思うのです。

睡眠を中心として、一日を構成するわけです。

仕事中心ではなく、睡眠を中心にですな。

パッと聞くと、そんなに寝たいのか!怠け者め!と思うかもしれません。
仕事を中心に考えないなんて、あまちゃんですな!と。

ちょっとまって!ちょっとまって!
おにぃ~さぁん!、おねぇ~さぁさん!
おじいちゃん!おばあさぁ~~~~~~ん!

8.6秒バズーカーの登場です。

例えば23時~6時の7時間、毎日眠れるように、睡眠を主軸として、1日のスケジュールを組んだとしましょう。

そうすると、何時に仕事を切り上げて帰らないと、決めた睡眠時間に就寝することができない。
といった感じで仕事のデッドラインが決めることができると思うんです。

で、その時間に仕事を終わらせるためにはどうするかを考えるわけです。
サボるわけではないですよ。

どうすれば、よりスピーディに、効率的に仕事をこなし、その目標とする時間に帰ることができるか。

これをひったすら考えるようになります。

これを実行し、睡眠を中心とした生活をしたとしましょう。

そうすれば、しっかりとした睡眠がとれていますから、脳や体をしっかりと疲労回復。

クリアな頭でバリバリ仕事!
残業しないで、家に帰宅!

家族とも過ごす時間アップ!
自分磨きに使える時間アップ!

あれ!!人生うまく回り始めたかも!ってなりやす。

そんなうまい話ないって?

ええじゃないか!!ですよ。
江戸時代にありましたよね?そんな騒動が。

仕事中心にスケジュールを組むと、睡眠時間は絶対に犠牲になる

寝不足の男性

仕事を中心に1日のスケジュールを組むと、絶対に睡眠が犠牲になります
そこが一番の問題だと思うのです。

仕事中心にスケジューリングすると、これまた大変なことになります。

仕事が中心ですので、デッドラインは仕事が片付くまで。

そうなると、犠牲になってくるのはプライベートな時間、そして、睡眠時間になってきます。

仕事で帰るのが遅くなり、寝不足になります。

そして、次の日、寝不足の状態で仕事をすることになる。
脳みそポワポワ、眠気マックス。

会議の時に眠たくて、会議=眠気との戦い。

効率も悪くなり、仕事がますますスムーズに進まなくなります。
そんな状態でやっているとミスも起こります。

突発事項発生!くはぁ!なります。

家に帰るのも遅くなり、家族離散。
自分の時間もとることができなくなり、

あれま!精神も病んできます。

考え方一つで仕事も睡眠も変わるマインドの大切さ

落ち込む少女

でも、ここらで、こういう感じの意見が出ます。

「いやいや、帰りたいけど帰れないんですよ。」と。
「そんなん帰れれば帰りますよ。」と。

そのとぉ~~り!!
みんなまぁ~るくタケモトピアノ~~♪なんですよね。

お気持ちは十分にわかりますよ。

では、なんで帰れないのでしょう?
どこが原因なんでしょうね?

発表します。

その思想がすべての原因です。

だって、帰ろうと思ってませんもん!
帰れるわけないじゃないですか!

仕事が忙しくて、メッチャたまっている。
でも、どうすれば仕事を効率化して、睡眠時間を確保するために帰ることができるか!?っと考えない限り不可能なんですよね。

そりゃ~現実問題、そう思ったからってすぐに帰れるようにはならないと思います。

例えすぐに結果が出なくとも、

「この時間までに、仕事を終わらせて、かえる!」
って思っている人と、

「忙しいから仕方がない。」
と、思っている人。

すぐに結果は出ないと思いますが、どっちがミッション成功すると思います?

言わなくともわかりますよね。

そう、私の人生を変えた某Y氏は言っていました。
マインドセットこそ、最重要」だと。

睡眠は日本を変える力を秘めている

日本を変える兆し

私は思いました。

これ、睡眠の大切さをもっともっと多くの人に知ってもらうことができれば、日本変わるんじゃね?と。

もうね、ブラック企業とかさようならですな。
眠らずに働くことの美徳なんて、うんこです。

そろそろ、「眠らない人=偉い」じゃなく、「効率的に眠れる人=偉い」な時代になりましょうよ!ということです。

履き違えてもらいたくないので最後に。

履き違えている男性

私が言っているのは、仕事を放棄してまで、睡眠を大切にせよ!という事ではないんです。

忙しいでしょうし、やらなければならないことがあるのは、そりゃ十分にわかります。
夢だってあるでしょうし、夢に向かってやらなければならないことがある。
仕事を途中で放棄して帰れば、自分の首を自分で締め付けることになるでしょうしね。

気持ちはじゅーぶんに分かります。
自分だって人間です。

眠らないで過ごせる生命体であればそうなりたいです。
ショートスリーパーの才能が欲しいです。

ですが、自分一般ピーポーです。

眠らないといけないんです。

忙しいから云々。
もう、そんなこというのやめましょうや。って事です。

どうやればしっかりと睡眠時間を確保して、仕事を効率的に、クリエイティブにこなせれるか!という考えを持ちながら仕事するパティーン。
忙しいから、そんな睡眠時間優先する生活なんてムリムリ!という考えを持ちながら仕事するパティーン。

ぜひ、前者のマインドで生活を送って欲しいという事を自分は言いたいんです。

忙しから、そんな悠長なこと言ってらんない。
という考えのままですと、いくつになっても甘えんぼ。いくつになっても抜け出せなくなってしまうからです。

まとめ

ということで、自分が今思っている睡眠の重要性について、殴り書きしてみました。

気づいたら結構長くなってましたね。w

ポイントとしてはこんな感じですね。

  • 睡眠は人生の約1/3以上を占める。改めてその凄さ実感。
  • 睡眠と起きている時間の関係は陰陽道。
  • リゲイン飲んで24時間戦うことがすべてじゃない事。
  • 睡眠を中心に生活して、ええじゃないか!ということ。
  • 睡眠の意識が変われば、日本がかわるんじゃね?という希望。
  • 「忙しいから」発言禁止令

ということで、今現在睡眠について思っていることを書いてみました。

睡眠の重要性が少しでも伝われば幸いです。

最後はまじめに締めくくります。

さよなら、

さよなら、

さよなら!!!


\ SNSでシェアしよう! /

SLEEPSの注目記事を受け取ろう

ネクタイを締めるビジネスマン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SLEEPSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

スリーパー1号

スリーパー1号

ショートスリーパーにあこがれる、ノーマルスリーパーです。
SLEEPS編集部の一員でもあります。
7時間睡眠が理想ですが、平均5~6時間睡眠でやんす。