1. TOP
  2. 【冬季うつ病】冬になるとゲンナリ…季節性うつ病の原因と対策

【冬季うつ病】冬になるとゲンナリ…季節性うつ病の原因と対策

眠れないことを気にしている女性

冬になると、気分が落ち込む…。

寒くなるにつれ、いつもゲンナリする…。

もしかしたら、その症状、

冬限定の【冬季うつ病】、別名季節性うつ病かもしれません。

この記事では、冬季うつ病になる原因と対策を書いていきます。

Sponsored Link

女性に多い!冬季うつ病の症状とは?

このうつ病の症状は、秋から冬にかけてうつ病のような状態に陥り、春になると気持ちが上向きになり、

夏になると、正常な状態になる非常に特徴的なうつ病になります。

特に女性が冬のうつ病に陥る割合が大変多いです。

また、抑うつ気分、不安感、ボーっとしてしまうといったうつ病の症状の他に、

過眠、過食、炭水化物渇望といった、うつ病ではあまり見られない症状が現れる特徴があります。

冬季うつ病になる原因は一体何なのか?

夏はぜんぜん大丈夫なのに、冬になるとものすごく気分が落ち込んでしまい、うつ病のような症状になってしまう冬季うつ病。

この原因は一体何なのかというと、一番の原因に考えられるものは、

日照不足によって生じる生体リズムの異常

が大きな原因です。

簡単に言いますと、季節によって日の長さが変わりますよね。

その影響で、体内時計に異常をきたしてしまうのが原因になります。

一種の概日リズム睡眠障害のような形ですね。

対策や改善策には【高照度光療法】が一般的

この季節性うつ病を治療するのにうってつけな治療法は、

「高照度光療法」になります。

[tip]高照度光療法とは?
1日のうちのある時間帯に数十分から数時間程度、患者に高照度の光を照射する治療法[/tip]

通常は早朝や夕方に1~2時間程度2500~10000ルクスの光を浴びる治療を行います。

Sponsored Link

この冬季うつ病には、この高照度光治療法の効果は早い段階でみられ、

早い人だと1週間程度でうつの症状が改善されることが多いです。

ただし、この治療法を途中で止めてしまうと、再発してしまう可能性が高いので、

冬の間は連続して、光を浴びた方がよいとされています。

どこで高照度光治療を受けれるのか?

一般的には睡眠専門の病院や、精神病院で治療が可能になります。

この装置はどういうものかというと、蛍光灯を並べたものになります。

種類も様々で、天井、壁などに蛍光灯が埋め込まれた部屋や、卓上の物、

また、家庭の使用に便利な携帯タイプもあります。⇓

>>携帯タイプはこういうものです

高照度光療法は体に悪くないのか?副作用は?

人工的な光を浴びるわけですから、なんらかの副作用があるのではないか?と思うと思います。

可能性は低いのですが、高照度光療法を行った場合、うつの反対の症状、躁状態になることがあります。

[tip]躁状態とは?
躁状態とは、気分が著しく高まり高揚してしまう状態のことです。[/tip]

また、眼精疲労、頭痛、倦怠感、いらいら感、吐き気などの症状があることも。

このような状態になったら、すぐさま光を浴びるのと中断しましょう。

まとめ

このように冬季うつ病は、【光】というのが大きく影響している病気になります。

もし、冬になるといつも気分がゲンナリしている場合は、このうつ病の可能性があります。

朝はしっかり目覚めてカーテンをあけて、沢山の太陽の光を浴びましょう!

また、なかなか光を浴びれないのであれば、携帯型の照射機を利用するのもいいと思います。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

SLEEPSの注目記事を受け取ろう

眠れないことを気にしている女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SLEEPSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部です。