【体験談】YOKONE2(ヨコネ)を口コミでなく実際に使ってみてレビュー!

YOKONE2(ヨコネ2)のレビュー記事のアイキャッチ画像

お知らせ:4320円OFFのシークレットキャンペーンページ公開中!

詳しくは公式サイト限定キャンペーンについてをご覧ください。

横向き専用枕のYOKONEが、【YOKONE2】(ヨコネ2)としてバージョンアップ!

この記事は、他人の口コミ等をまとめた、ウソか本当か判断がつかない記事ではありません!

YOKONE2(ヨコネ2)を実際に試してみてのリアルな口コミレビューです!

写真や動画を使って、できるだけわかりやすく解説!

また、商品の特徴や価格、おすすめしたい人などもまとめてみました。

知りたい部分へジャンプ!

この記事の目次

★YOKONE2(ヨコネ2)の最新情報(11/8更新)★

お得なキャンペーン実施中!
現在、下記限定の公式サイトで、
  1. 4320円OFF!
  2. 枕カバー1枚プレゼントキャンペーン
  3. 2週間の返金保証キャンペーン
  4. 送料・代引手数料
4つのキャンペーンを下記の公式サイト行っています。

4320円OFFで行っているのは、下記の公式ページ限定で、他の公式ページ・楽天・アマゾン・ヤフーショッピングでは行っていません。

そして、YOKONE2の専用枕カバーは3240円もするので、2つともうれしいキャンペーンですね。

詳細は公式サイトを確認してみてください↓

シークレットキャンペーンページの詳細を確認する

★YOKONE2(ヨコネ2)が2017年11月15日発売の女性誌「anan(アンアン)」に掲載されました

YOKONE2(ヨコネ2)が掲載された雑誌ananの表紙の画像YOKONE2(ヨコネ2)が掲載されたananの掲載されたページの画像

ムーンムーンさんからは「雑誌等で紹介されると一気に在庫がなくなってしまう場合が多いので、早めの注文をおすすめしています」とのことです。

下記の公式ページから注文受付中です。

>>現在の在庫状況を確認してみる

★YOKONE2(ヨコネ2)が2017年11月9日発売の雑誌「Tarzan(ターザン)」に掲載されました!

YOKONE2(ヨコネ2)が掲載された雑誌Tarzanの表紙の画像 YOKONE2(ヨコネ2)が掲載されたTarzanの掲載されたページの画像

★YOKONE2(ヨコネ2)が大阪朝日放送のキャストで紹介されました!

YOKONE2(ヨコネ2)が2017年6月21日の大阪朝日放送の「キャスト」という情報番組で紹介されました!

関西ローカル番組ですが、全国放送レベルで反響があり、一気に売れてしまい在庫が少なくなりました。

★ YOKONE2(ヨコネ2)がMONOMAX 4月号に掲載されました!

YOKONE2が掲載されたMONOMAX(2017年4月号)の表紙の画像にYOKONE2が掲載されたMONOMAXの掲載ページの画像
YOKONE2が掲載されたMONOMAXのページを拡大したがそう

★2/6発売の週刊現代でYOKONE2が掲載されました!

週刊現代に掲載されたYOKONE2の画像週刊現代に掲載されたYOKONE2の記事の画像

YOKONE2(ヨコネ2)という横向き枕とは?大まかに解説!

YOKONE2(ヨコネ2)を大まかに解説したイラスト

YOKONE2(ヨコネ2)は横向き専用の枕で、

  • 睡眠の質を向上させたい人
  • 首に悩みがある人
  • 肩こりで悩んでいる人
  • いびきに悩んでいる人
  • 寝ても疲れが取れない人
  • 横向き寝で寝ると楽な妊婦さん
  • 朝起きると頭が痛い人
こんな人にはうってつけの枕です。

光目覚まし時計で有名なムーンムーン㈱という会社が販売しています。

最近は横向き枕が色々なメーカーさんから販売されていますが、そのムーブメントを作ったのが、旧モデルのYOKONEです。

それまでは、横向き枕の種類そのものが少なく、そもそも横向き寝自体が注目されていませんでした。

他の横向き枕(スリープバンテージ等)は、本当に横向き専用の枕で、仰向けで寝ることが考慮されていないんです。

人間は一晩の間に20~30回寝返りをするので、ずっと横向きで寝ているわけではないんですよね。

YOKONEは横向き寝専用ですが、仰向きで寝た時のこともしっかり考えられている枕なんです。

また、コンセプト、形状等が珍しいこともあり、数多くのメディアて取り上げられて、テレビなどで放送されると一瞬で在庫がなくなってしまうような人気の枕です。

YOKONE2の紹介動画もあるので、よろしければご覧ください。

どうしてYOKONE2(ヨコネ2)という横向き枕を購入したのか?

YOKONE2(ヨコネ2)を購入した理由のイラスト

私は旧YOKONEも持っているのですが、

旧YOKONEに枕を変えたら、首の悩みが改善されたからというのが1番の理由ですね。

私は、ストレートネックで、生活の中で気を付けてはいるのですが、ふとした時に首に激痛が走ることがちょくちょくあったんですね。

例えば、

洗面所で顔を下に向け洗顔し、鏡を見るために顔を上げた時にビキン!と首に激痛が走ったり…。

ちょっと顔を横に向いただけなのに、首に電撃が走ったりと…。

首に電撃が入ると、1週間ぐらい痛みが取れなくて、連鎖して肩こりもひどくなるし、ほんと生活に支障をきたすんですよね…。

このつらさは、なったことがある人しかわからないと思いますが…。

それが、旧YOKONEを使うようになってから、首に電撃が走るようなこともなくなり、首のコリや肩こりもかなり楽になったんです。

そんな私の首の悩みを解決してくれた枕がバージョンアップしたとなれば、これはもっといいに違いない!と。

なので、YOKONE2を購入した感じです。

最近は横向き寝が注目を浴びているので、いろいろな横向き寝枕が販売されています。

有名どころですと、スリープ〇ァンテージとかありますよね。

いろいろな枕がある中で、なんでYOKONE2をチョイスしたのかというと、仰向き寝のことも考えられて作られているからです。

スリープ〇ァンテージも魅力的だったのですが、

これ、仰向けで寝られなくない?

と思ったので、YOKONE2を選んだ感じですね。

YOKONE2(ヨコネ2)という横向き枕を使っての口コミレビュー!

YOKONW2(ヨコネ2)の私のレビューのイラスト

それでは、YOKONE2(ヨコネ2)が届いたので、口コミレビューをしていきたいと思います!

色々YOKONE2に関して、口コミ情報を書いていったら、なかなかのボリュームに。

横向き枕のYOKONE2(ヨコネ2)の開封レビュー

それでは、さっそくYOKONE2(ヨコネ2)を開封していきたいと思います。

YOKONE2はこんな感じの箱に入っています。結構デカいです(笑)

YOKONE2(ヨコネ2)の箱の表側の画像
YOKONE2(ヨコネ2)の箱の裏側の画像

箱のフタを開けるとこんな感じ。

YOKONE2(ヨコネ2)の箱を開けた時の画像

YOKONE2(ヨコネ2)を取り出してみました!

YOKONE2(ヨコネ2)を箱から取り出した時の画像

中には、YOKONE2(ヨコネ2)の枕以外にこんな感じのものも一緒に入っていました。

YOKONE2(ヨコネ2)に入っていた内容物の画像

  • ムーンムーンステッカー
  • お問い合わせ先
  • 睡眠読本
  • 睡眠日誌
  • 社長からの御礼状
ムーンムーンのステッカー、どこに貼ろう…笑

YOKONE2(ヨコネ2)といった横向き枕を色々な角度から撮影してみた!

では、色々な角度からYOKONE2(ヨコネ2)を見ていきましょう!

YOKONE2(ヨコネ2)の正面からの写真は沢山あるので、あえてここでは載せませんでした。

それ以外の方向からいろいろ撮影してみました。

YOKONE2(ヨコネ2)の首筋部分の画像
YOKONE2(ヨコネ2)を右下から撮影した画像
YOKONE2(ヨコネ2)の頭側の画像
YOKONE2(ヨコネ2)のハネ部分(左上)から撮影した画像
YOKONE2(ヨコネ2)の左横側から撮影した画像
YOKONE2(ヨコネ2)の裏側を撮影した画像

枕の高さを調節するシートはこんな感じで、2枚入っています。

YOKONE2(ヨコネ2)の枕の高さ調整シートの画像

枕の高さ調節シートは、厚さが2種類あります。

YOKONE2(ヨコネ2)の枕の高さ調整シートの厚さを比較した画像

YOKONE2(ヨコネ2)のハードタイプを口コミレビュー!

YOKONE2(ヨコネ2)のハードタイプの口コミレビューの画像

まずは、公式サイトでもおすすめされているハードタイプの口コミレビューをしていきます。

ハードタイプは、自分用(男)として購入しました。

結論から言いますと、

旧YOKONEと全く違う寝心地で、頭の収まり感、寝返った時のスムーズ感がスゴイ…

ということです。

この後にも詳しく書いているのですが、YOKONE2の中央部分にある「くぼみ」が頭にじつにジャストフィットというか、横向きになった時にしっかりと収まってくれます。

もちろん、寝返りもスムーズで、旧YOKONEもなかなか衝撃的だったんですが、YOKONE2の寝心地はより改善されているな~と感じました。

また、YOKONE2で新たに搭載された、頭部分にあるハネを使い、うつ伏せになって読書してみましたが、これもなかなか素晴らしかったですね。

初期状態ではYOKONE2の枕の高さが高かったので調整シートで調整しました

YOKONE2を女性が使った場合の高さの違い

ちなみに自分は、高さ調節シートは厚いほう(2cm)を抜いてちょうどいい感じでした。

最初は抜かないで寝てみましたが、ちょっと高かったので、高さ調節シートで調節した感じです。

奥さんがYOKONE2を使って寝たのですが、初期状態で横になると、かなり枕の高さが高くなってしまったので、調節シートを2枚抜き取りました。

YOKONE2の枕の高さは2枚すべての調節シートが入った状態で12cmになります。

枕の高さ調整シートは1cmのシート、2cmのシートの2枚入っています。

シートを2枚抜くとマイナス3cmなので、全てのシートを抜くとYOKONE2の高さは9cmになります。

この状態ですと、しっくりきたようです。

上の画像の通り、調節シートがすべて入っている状態とすべて抜いた状態を比べると違いは一目瞭然ですね。

YOKONE2(ヨコネ2)のハードタイプとソフトタイプの硬さの違いを口コミレビュー!

YOKONE2(ヨコネ2)のハードタイプとソフトタイプの画像

ソフトタイプの販売は公式サイトでは終了に
YOKONE2(ヨコネ2)は依然、ハードタイプとソフトタイプの2タイプから選べたのですが、現在、公式サイトでは「ハードタイプ」のみの販売になっています。

下記の動画にもありますが、ハードとソフトの硬さの違いは本当に微妙な差です。

ハードタイプと聞くと、硬そうなイメージがあるかもしれませんが、ソフトタイプとほぼ硬さは変わりませんよ。

>YOKONE2を最安値で購入できる情報を確認する

次は、ハードとソフトの硬さの違いについて口コミレビューしていきたいと思います。

YOKONE2を購入するときに、個人的に一番気になったのが、枕の硬さが「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」の2タイプあるというところでした。

どっちを選べばいいんだ…。

という感じです。

このYOKONE2の硬さの違いについて、文章より、動画の方が良いと思ったので撮影してみました。

え~、動画で見てもらったと思いますが、正直なところ…

あまり違いがわかりませんでした!(;’∀’)

ただですね、実際触ってみるとわかるんですが、ソフトとハードは押し込んだ時の感覚が違います。

ソフトタイプを手で押すと、比較的すんなり沈みエアー感がある軽い感じで、戻りも比較的早い。

ハードタイプは、押し込むのにソフトと比べ少し力が必要で、全体的にズッシリ感があり、戻りはソフトより若干遅い。

個人的な意見としては、

硬さというより密度が違う感じがしました

ソフトは密度が低くエアー感がある感じでできており、ハードは密度が高くズッシリ感がある。

なので、直接的な硬さというより、密度の違いがソフトとハードの違いなのかな~といった印象でした。

YOKONE2(ヨコネ2)のソフトタイプを口コミレビュー!

ソフトタイプの販売は終了!

ソフトタイプは販売終了しました。

YOKONE2(ヨコネ2)の歴史として、ソフトタイプの口コミレビューを残して置きます。

今回注文したYOKONE2ですが、ハードタイプだけではなく、ソフトタイプも注文してみました。

理由としては、

ソフトタイプがどれぐらいソフトなのか?

気になっていたからです。

旧YOKONEはハードタイプのみしか硬さがなかったので、YOKONE2で新たに登場したソフトタイプは、どのぐらいの硬さなのか、これは実際に触ってみたいなと。

また、私は旧YOKONEを持っていて、それを見て奥さんが前から「YOKONE、私も欲しい!」と言っていたというのもあります。笑

個人的にも、そして、睡眠の質的にも、枕の硬さは「硬めの方がいい」というのがあるんですが、これ、女性とかになるとどうなんだろ?と思っていました。

なので、メーカーのムーンムーンさんに「女性にはハードとソフトどっちがおすすめなのか?」聞いてみたんです。

そしたら、ハードタイプだとちょっと硬い!と感じる女性がそこそこいるようで、ハードタイプを注文した女性はソフトタイプに交換依頼をする人もいるとのことでした。

そのような経緯もあり、YOKONE2のソフトタイプも注文してみることにしました。

YOKONE2のソフトタイプは思ったほどソフトではなかったです

手元に届く前は、YOKONE2のソフトタイプは、結構低反発素材寄りで、反発力が弱いのかな~と思っていました。

でも、実際手元に届いて、「え!これでソフトタイプなの!?」と思っちゃいました。笑

YOKONE2(ヨコネ2)のソフトタイプの硬さについて、動画で撮影してみたので、よろしければご覧ください↓

一応、奥さんもソフトとハード2タイプを試してみての感想は、

あまり硬さの違いは感じないけど、どっちがいいか選べと言われたらソフトタイプかな~」とのことでした。

ただ、公式サイトでは、ハードタイプをおすすめしてます。

理由としては、寝返りがしやすくなるからです。

ただ、これは個人の好みや、その人の頭の重みなども関係してくるので一概に言えないですけどね。

女性なら、ソフトタイプでもぜんぜん許容範囲内だと思ってもらった方がいいですね。

また、今まで柔らかい枕や低反発素材の枕で眠っていた人は「ソフトタイプ」の方がスムーズにYOKONE2に慣れて眠ることが出来ると思います。

いくら硬めの枕の方が睡眠には良い!といっても、長年柔らかい枕で寝ていた人が、突然硬い枕に眠るのは厳しいですからね…

YOKONE2(ヨコネ2)の冷感素材の枕カバーについてレビュー

YOKONE2(ヨコネ2)の冷感素材枕カバーの口コミレビューのイラスト

この冷感素材の枕カバーですが、

触ると確かに冷たい!です。

旧YOKONEは普通の素材だったので、冷たいという感覚はないのですが、YOKONE2は確かに触ると冷たかったですね。

また、枕カバー自体がサラリとした肌触りで、旧YOKONEとはまったく違いました。

わかりやすく触り心地を例えると、

スポーツ用の速乾Tシャツとか、ひんやりするTシャツとかありますよね?

あんな感じの肌触りですね。

YOKONE2(ヨコネ2)という横向き枕のデメリット・残念だったこと

YOKONE2(ヨコネ2)のデメリットのイラスト

いいことだらけのYOKONE2ですが、ちょっと残念だったこともあります。

それは、

手を置く場所がちょっと置きにくくなったなぁ~

と思いました。

私は横向きで寝る時に手を顔の前あたりに置くのですが、YOKONE2は枕の上にちょっと起きにくかったですね。

なので、YOKONE2の場合は、枕に手は置かず、普通に枕の外側に手を置いて寝ています。

これでも、ぜんぜん違和感なく眠ることが出来ているので、問題はないですけどね。

また、デメリットとしては、

  • 大きいし天日干しもできないので、干す場所が限られる
  • 横幅が広いので、子供と一緒に寝るときに少し窮屈になる

こんな感じのことがYOKONE2のデメリットと感じました。

YOKONE2(ヨコネ2)のメリット!良かったところは枕にある「くぼみ」!

YOKONE2(ヨコネ2)のメリットのイラスト

YOKONE2で眠ってみて一番いいな~!と思ったところなんですが、実は枕上にあるハネ等ではありませんでした!笑

たしかにうつ伏せになる時は、枕の上にあるハネがすごくいい感じでフィットして、読書とかしやすいんですが、自分がもっと感動した場所がありました…。

それは、

YOKONE2のくぼみです!

このくぼみが、横向き寝で寝ても、首から背骨にかけて水平に保ち、頭をいい感じで包んでくれるんですよね。

この感覚は旧YOKONEではなかったですね。

旧YOKONEもくぼみはあるんですが、一方向のくぼみ的な感じです。

YOKONE2は、簡単に言うと浅いおわんのようなものが中央部にある感じなんですね。

なので、頭がジャストフィット!

でも、おわん型のくぼみがあったら、頭がすっぽり収まってしまい、寝返りしにくくなるのでは?

と思うかもしれませんが、そこはリラックスウレタン素材が上手くカバーしてくれて、寝返りもスムーズにできました。

これは実際に横になってもらわないと、なかなか感覚が伝わらなくて残念なんですけどね…。

この「くぼみ」が自分としては一番、YOKONE2スゴイな!と思った部分でしたね。

YOKONE2の特徴でもあるハネについても、もちろんいいんですが、それを上回った寝心地が中央部の「くぼみ」でした。(私の場合は)

「くぼみ」に特徴があるYOKONE2はこちらで確認できます↓

YOKONE2の公式サイトを確認する

YOKONE2(ヨコネ2)を使ってみての横向き枕口コミレビューまとめ

YOKONE2(ヨコネ2)の私の口コミレビューまとめのイラスト

ということで、かなり長くなりましたが、YOKONE2(ヨコネ2)のハードタイプとソフトタイプを実際に使ってみての口コミレビューでした。

あと、私は今回2個購入したので、もう1つ無料でプレゼントされます。

もう一つは首のコリで悩んでいる、母にプレゼントしようと思います。

このキャンペーンは下記のページで行っているので、2個買う人は下記のページから購入するとお得です。

そして、公式サイトで購入した方限定で「YOKONE2専用の替えの枕カバープレゼント&返金保証キャンペーン」も始まりました。

詳しくは下記の公式サイトをチェックしてみてくださいね。

YOKONE2の公式サイトを確認する

YOKONE2(ヨコネ2)と旧モデルの違いとは?

YOKONE2(ヨコネ2)と旧モデルの違いについてのイラスト

YOKONE2(ヨコネ2)と旧モデルの4つの違い

旧YOKONEも販売されたときは、なかなか衝撃的な枕だったのですが、YOKONE2(ヨコネ2)も、期待を裏切らない改良がされててビックリしました。

旧モデルでは下記の3つのポイントがグッ!ときたポイントでした。

  1. 頭、首、肩、腕の4点を支える
  2. リラックスウレタン素材を使用
  3. 横幅が広い
そんなYOKONE2は、旧モデルのおすすめポイントはそのまま。

それにプラスして、4つのスゴイ!ことがプラスされています。

  1. 形状を見直して、使用パターンの幅が広がった
  2. 枕の高さを調節できるようになった
  3. 枕カバーの素材に冷感素材を採用
  4. 枕の硬さを「硬め」・「柔らかめ」の2タイプから選べるようになった
この4つのポイントが、旧モデルとYOKONE(ヨコネ2)の大きな違いです。

それでは、それぞれについて詳しく説明してきたいと思います。

①形状を見直して、使用パターンの幅が広がった

枕って、寝るときに使用する寝具アイテムですが、思い返すとあることをする時に使っていたりします。

そのある時とは「読書」です。

あなたもきっと1度ぐらい横になって読書をしたことがあると思います。

その時、クッションや座布団などを枕代わりにして読書したことはありませんか?

このYOKONE2(ヨコネ2)は、枕の形状に改良をして、寝るときだけでなく、枕を使ってのおやすみ前の読書などがしやすくなる形状になりました。

実際にその画像をご覧ください↓

YOKONE2(ヨコネ2)を使って読書する女性の画像

この画像のような感じで枕を使うシーンって1度はしたことありませんか?

私は、結構この姿勢で読書することが多いので、この写真を見た時「なるほど~」とうなってしまいましたね。

②枕の高さを調節できるようになった

YOKONE2(ヨコネ2)の枕の高さを調整する画像

YOKONE2(ヨコネ2)である意味、一番の改良点だと思うのがこの「枕の高さを調節できる」ということです。

枕を選ぶ時に一番重要なのは「高さ」と言われているので、この枕の高さを調節できるようになったのは、YOKONE2(ヨコネ2)の大きな改良点だと思います。

調節方法も簡単で、リラックスウレタン素材のシートが中に2枚入っているので、それを抜出して自分に合った枕の高さに調節する感じです。

横向き枕は横向き寝に特化することにより、女性や子どもにとっては、枕の高さが高すぎるという場合があります。

ですが、それぞれにあった枕の高さを調整できるので、女性や子どもも横向き寝の素晴らしさを実感しやすくなったと思いますね。

③枕カバーの素材に冷感素材を採用

YOKONE2(ヨコネ2)の冷感素材についての画像
YOKONE2(ヨコネ2)の首元の画像

YOKONE2(ヨコネ2)では、枕カバーに冷感素材が採用されています。

頭が冷たいと逆に眠れなくなるのでは?と思う人も多いと思いますが、眠る時は頭を冷やす方が睡眠の質が高まると言われています。

上の画像を見ていただければと思うのですが、YOKONE2(ヨコネ2)の白い部分が冷感素材の部分です。

首元については、冷やすと体全体が冷えてしまい睡眠&健康にもよくありません。

ですので、YOKONE2(ヨコネ2)では、首元には肌触りのよい首元を冷やさない素材が使われています。

画像で言うと青い部分ですね!

④枕の硬さを「硬め」・「柔らかめ」の2タイプから選べるようになった

この枕の硬さも2タイプから選べるようになったことも大きな改良ポイントですね。

枕は基本柔らかすぎはアウト。

枕に頭を乗せた時に、枕が沈み込んでしまい、寝返りが上手くできなくなるからです。

個人的にはYOKONE2についても「硬め」をおすすめしますが、人によっては柔らかい枕が好きという人も多いと思います。

多分、そんなユーザーさんの声をしっかり取り入れて「柔らかめ」のタイプが選べるようになったんだな~と思いますね!

YOKONE2(ヨコネ2)と旧モデルの横向き枕新旧比較表

文章で書いてもわかりずらいと思うので、旧モデルとYOKONE2(ヨコネ2)の比較表を作ってみました!

 YOKONE2旧モデル
縦幅37cm37cm
横幅63cm63cm
高さ12cm11cm
重さ約1.8kg約1.5kg
素材リラックスウレタンリラックスウレタン
枕カバー冷感素材普通の生地
高さ調整機能ありなし
硬さのタイプ「硬め」or「柔かめ」の2タイプ「硬め」の1タイプ
その他頭側の形状が改良3色から選べる

赤色文字の部分が、旧モデルから変更になった部分ですね。

ノーマルの状態ですと、YOKONE2(ヨコネ2)は高さが1cm高くなっています。

また、重さも少し重くなっていますね。多分、頭の形状が変更されたことによる重量アップだと思います。

旧YOKONEとYOKONE2の横向き枕を比較してみた結果…

旧YOKONEとYOKONE2を比較すると、見た目や枕カバーはまったく違うのですが、個人的に一番違う!と感じたところがあります。

それは、上でもお伝えした、

枕中央部にある「くぼみ」です。

これが、旧YOKONEとYOKONE2とではまったく違います。

YOKONE2から採用されている、この「くぼみ」ですが、何がいいのかというと、横向き寝で寝た時に、より頭が水平にしっかり保たれるということです。

このくぼみのおかげで、首から背骨にかけて一直線になる事ができるので、旧YOKONEとYOKONE2を比較すると見た目もですが、寝心地に関してもまったく違う!と断言できますね。

YOKONE2(ヨコネ2)の使い方のコツや注意点

YOKONE2(ヨコネ2)の使い方のコツや注意点についてのイラスト

旧モデルのYOKONEを1年使って、そしてYOKONE2を使ってみて気付いた点や注意点、コツなどを書いていこうと思います。

YOKONE2(ヨコネ2)の素材はリラックスウレタン素材で、この素材は洗濯することが出来ません。

枕カバーのみ洗濯することが可能です。

間違っても洗濯機で洗うようなことはしないように。

リラックスウレタンは熱に弱いので、直射日光が当たる天日干しは素材の劣化を早めてしまいます。

枕を干したい時は、風通しの良い直射日光が当たらないところで干すようにしましょう。

枕カバーへの汚れが気になる人は、バスタオルを1枚敷いて使う方法もあります

ただ、枕カバーの素材がスベスベした素材なので、寝ている間に外れやすいです。

そして、バスタオルを引くと、冷感素材のメリット、「頭寒足熱」ではなくなってしまうデメリットも。

理想は、YOKONE2(ヨコネ2)専用の替えの枕カバーを購入することですが、3240円(税込)と少々お高いです。

ですが、公式サイトでYOKONE2(ヨコネ2)を購入すると、替えの枕カバーがプレゼントでついてきます。

替えの枕カバー欲しいけど、高いからバスタオルでいいや。

という人は、公式サイトから購入するのが大変お買い得ですよ。

>専用枕カバーがプレゼントされる公式サイトはこちら

YOKONE2(ヨコネ2)を押入れ等で保管する時は、一番上に枕を置くように保管しましょう。

敷き布団や、掛け布団の中でYOKONE2(ヨコネ2)を保管すると、変な曲がり凹み癖が付いてしまう可能性が高まります。

また、湿気もこもりやすくなるので、枕を一番上にして、正しく保管するようにしてください。

YOKONE2(ヨコネ2)をお子さんにも使用させる人もいると思います。

ただし、その場合は注意することがあります。

YOKONE2(ヨコネ2)は公式ページにもあるように、枕の高さが高いです。

頭の重さが軽い子供の場合は、リラックスウレタンが適度に沈みにくくなるので、仰向けになった時に気道が狭くなってしまう場合があります。

大人用の枕を子供に使用しての事故もあるぐらいなので、しっかり確認しましょう。

YOKONE2(ヨコネ2)という横向き枕を買う前に気になったQ&A集

YOKONE2(ヨコネ2)のQ&A集のイラスト

YOKONE2を購入する前に気になるであろうことをQ&A集にしてみました。

購入前の参考になればと思います。

A:YOKONE2を購入できる販売店サイトの販売価格を表にして比較しました。

1個購入する場合の価格を比較するとこんな感じです。

販売サイト価格(税込)送料枕カバープレゼント返金保証
公式サイト15120円送料無料ありあり
楽天16200円送料無料なしあり
Yahooショッピング16200円送料無料なしあり
Amazon16200円送料無料なしなし

表を見てお分かりのとおり、公式サイトからが一番お得に購入することができます。

楽天ですとポイントが10倍で1620ポイントつきますが、替えの枕カバーが付いてきません。

替えの枕カバーは別途購入すると3240円(税込)します。

替えの枕カバーも一緒に購入を考えている人は、下記の公式サイトで購入するのが一番お得ですね。

タオルを敷いて使うから替えの枕カバーはいらない?

「バスタオルとかタオルを敷くから替えの枕カバーは特にいらないかな」

という方は、購入してから後悔しないように、「汚れが気になる人はバスタオルを1枚敷いて使う方法もあるけど…」を必ず確認してください。

枕カバーの素材がツルツルなので、寝ている間にタオルがずれてしまう可能性大です。

その他、YOKONE2(ヨコネ2)の購入時の注意点としては、

Amazonでは、販売者がムーンムーンではないので、ちょっと注意が必要かもしれません。

もう1つ注意点として、メルカリやオークション等個人売買サイトでYOKONE2が新品未使用で販売されていた場合は、2個かうと3個ついてくるキャンペーンを利用して、転売している可能性が高いです。

注意しましょう。

YOKONE2を購入するなら、専用枕カバー1枚無料プレゼント中の公式サイトからが一番お得ですね!

枕カバー1枚無料キャンペーン中の公式サイトを確認する

YOKONE2は返金保証を行っているので、返金を希望すれば間違いなく返金されます。

ただし、条件があります。

  • ご使用から1週間以内のご連絡
  • アンケートと返品申込書のご記入・ご提出
  • 公式サイトから購入した人限定
この3つの条件が必要です。

公式サイト以外の販売サイト(楽天・アマゾン・ヤフーショッピング・オークション等)で購入した人は対象外になるので注意しましょう。

A:横向き専用枕の大きな欠点に、横向き寝以外では使用しにくいということがあります。

ですが、YOKONE2はしっかり仰向け寝のことも考えられて作られています。

横向き寝から睡眠中の寝返りで仰向け寝になったとしても、リラックスウレタンがいい感じであなたの頭に合わせて適度に沈んでくれます。

ここが他の横向き枕とYOKONE2の大きな違いでもあります。

A:確かにYOKONE2を公式ページで確認した時は、枕の高さが高すぎはしないか…。と思いました。

YOKONE2には2枚のリラックスウレタンシートが出し入れ可能です。

ですので、枕の高さを調節することが可能です。

旧モデルは高さの調整が出来なかったので、その日によって高さを変更することも可能です。

また、リラックスウレタン素材が、あなたに合わせて適度に沈んでくれるので、安心です。

A:YOKONE2(ヨコネ2)にバージョンアップして、枕の硬さを「硬め」と「やわらかめ」の2タイプから選べるようになりました。

まだ、手元にないのでなんとも説明できませんが、公式サイトでは「硬め」は旧モデルのYOKONEと一緒の硬さとのことです。

こちらの動画は旧モデルのYOKONEのものですが、YOKONE2も素材は一緒のリラックスウレタン素材です。

参考までに貼っておきます。

A:YOKONE2では、低反発枕に良くあるようなニオイはほぼしませんでした。

旧モデルのYOKONEの場合は、2~3日でニオイがあったのですが、YOKONE2では枕カバーの影響もあるのか、そこまでニオイは気になりませんでした。

A:こればっかりは使ってみないとわからない事ではありますが、もしあなたの枕が下記のような場合は、首の悩みが良くなる可能性があると思います。

  • 安い枕を使用している
  • ヘタっている枕を使っている
  • 市販品の枕を使用している
  • オーダーメイド枕だけど長期間使用している
  • ストレートネック用枕を使っているけど今一良くならない
このような場合は、枕をYOKONE2(ヨコネ2)に変更するだけで、ビックリするぐらい悩みが解消する場合があります。

ちょっと胡散臭く感じるかもしれませんが、ストレートネックの私はYOKONEに枕を変えたら首の状態がかなり良くなったので。

A:YOKONE2の替えカバーは現在は販売されています。

価格は3240円(税込)です。

ただ、現在公式サイト限定で、替えの枕カバーが1枚無料プレゼントされるので、YOKONE2本体を買う方は別途購入は必要ありませんね。

楽天やヤフーショッピングでは枕カバー1枚プレゼントキャンペーンは行っていないいので、注意してくださいね。

>枕カバー1枚無料プレゼントキャンペーン中の公式サイトを確認する

A:これは残念ですが、旧モデルのYOKONEをもう購入することはできません。

でも、正直な所、YOKONE2(ヨコネ2)が旧モデルと比べ、大きく改善されているので、旧モデルのYOKONEをあえて購入する必要はないかと思います。

YOKONE2(ヨコネ2)の横向き枕をおすすめできる人・できない人

YOKONE2(ヨコネ2)ですが、誰でもおすすめ!とも言えません。

旧モデルのYOKONE、そして、YOKONE2を使ってみて、それらを元にして書いていきます。

こんな人はYOKONE2(ヨコネ2)はおすすめできません

YOKONE2(ヨコネ2)をおすすめできない人のイラスト

  • 睡眠時無呼吸症候群の症状が重症な人
  • 寝相が悪すぎる人
  • そもそも枕を使っていない人

このような人にはYOKONE2(ヨコネ2)はおすすめできないですね。

こんな人はYOKONE2(ヨコネ2)はおすすめです!

YOKONE2(ヨコネ2)がおすすめできる人のイラスト

  • 寝るとき横向き寝で寝ている人
  • 睡眠の質を高めたい人
  • ストレートネックの人
  • 肩こりがひどい人
  • いびきを防止したい人
  • 疲れが取れなくて悩んでいる人

このような人にはYOKONE2(ヨコネ2)は向いていてオススメだと思います!

ストレートネックの人は、合う人・合わない人、ネットで調べても意見が真っ二つですね。

私にはよかったですけどね!

YOKONE2(ヨコネ2)はいびき防止や安眠目的で購入する人が多いようなので、そういう人はより向いていると思います!

YOKONE2(ヨコネ2)で首のコリ、肩こり等を解消できたなら…

朝早く起きた女性

  • 睡眠の質が良くなって、日中イキイキと行動できる
  • 朝、スッキリと起きれて、二度寝とサヨナラできる
  • ちょっと首を動かしただけで、ピキーン!と首に電撃が走ることがなくなる
  • 無意識に首を揉んだり、肩を回すことがなくなる
  • 整体に通う時間とお金が節約できる
  • いびきが静かになり、家族から不満を言われなくなる

このように、首のコリや肩コリがなくなっただけで、実生活がかなり快適に!

私は旧YOKONEを持っていましたが、YOKONE2を購入してよかったと思っています。

横向き枕【YOKONE2(ヨコネ2)】口コミレビューのまとめ

横向き枕は、現在さまざまな種類の枕が販売されていますが、横向きに特化しすぎてて、ちょっと使いづらいんですよね。

人間は睡眠中に20~30回ぐらいは寝返りをしますし、無意識で仰向けで寝ている場合だってありますし。

YOKONE2(ヨコネ2)は横向き枕ですが、仰向け寝で寝ることも考えて作られてるのがいいですよね。

YOKONE2は公式サイトで購入した人限定で、替えの枕カバー1枚無料プレゼントキャンペーンを行っています。

詳しく知りたい人は、下記から確認していただければと思います。

1000円OFFの公式サイトを確認する

横向き枕のYOKONE2(ヨコネ2)の販売者情報

販売業者名ムーンムーン株式会社
販売責任者竹田浩一
住所〒862-0954
熊本県熊本市中央区神水1-24-6 建神ビル8F
電話096-288-9069
メールinfo@intiinti.com