1. TOP
  2. あくびは本当に眠気のサインなのか?あくびが出る理由と原因

あくびは本当に眠気のサインなのか?あくびが出る理由と原因

生理中眠い女性

大切な会議、聞き漏らしてはいけない講義、まじめに聞いてあげたい友人の相談事。真剣に向き合おうとしているのに、つい、あくびが出そうになったということは、誰でも経験があると思います。

あくびは本当に「悪」なのか。

誰にでも起こりえる身体の現象について、少しひも解いてみたいと思います。

Sponsored Link

あくびの原因は本当に眠気なの?

大切な話をしている時に、目の前の相手が大きなあくびをしたら、ちょっと不快な気分になりませんか?

「失礼なヤツ」と思いますよね。

「私の話が面白くないからだ…」と、少し自分を責めてしまうかもしれません。

赤ちゃんは、眠る前になると大きくあくびをします。

大人も夜テレビを観ながらあくびがでると「そろそろ寝ようか」と思うものです。

このように、確かにあくびは「眠くなった時のサイン」として出ているように感じます。
誰でも、その感覚がわかるからこそ、真剣な話をしている時に相手があくびをすると「あなたの話に興味はない」と伝えられているようで不快に感じるわけです。

あくびの動作を意識してみると

あくびの生理的なメカニズム、原因はいまだ解明されていない部分も多いのですが、実は、「眠りたい」という感情とは反対の現象が起きていることがわかっています。

まず、普段あまり意識していない、「あくびの仕方」を分解してみましょう。

  1. 大きく口を開く
  2. 長く息を吸い込む
  3. 短く息を吐く

あくびの特徴は、息を吐く時間よりも、吸っている時間の方が長いことです。

わざわざ「あくびの仕方」を意識している人はいないと思いますから、中には「あくびは息を吐くもの」だと思っている人もいるかもしれませんね。

しかし、実際には、1度のあくびでこれだけの動作をしているのです。

Sponsored Link

体内で何が起きているの?

肺が換気不良になると、肺胞が委縮して縮んでしまうことがわかっています。

あくびをする理由の一つに、この縮んだ肺胞に、たくさんの酸素を送り込もうとする動作なんです。

体内に酸素が足りなくなると、脳の中枢神経の働きも鈍くなりますから、集中力が無くなり、ぼーっとするなどの症状が出てきます。

もう一つ、あくびをする時、大きく手を上げたり、肩を広げて胸を開こうとしたりする動作をしませんか?

これも、肺により多くの酸素を摂りこもうとして行う動作で、無意識に深呼吸をしているというわけです。

あくびの働き
  1. 肺に酸素を摂りこむ
  2. 脳の働きの活性
  3. 疲労の回復機能

こうしてみると、あくびの働きは「眠るため」ではなく、むしろ「眠気から遠ざける」働きをしていることがわかりますよね?

つまり、あくびをする理由は「眠気の合図」ではなく、酸素をたくさん摂りこんで、覚醒しようとするためなのです。

あくびをした後、頭がスッキリしたように感じるのは、新鮮な酸素が身体全体に行き渡ったからなんです。

まとめ

あくびは、身体を覚醒させるために起こる機能なので、原因は「眠たい」のサインではないということですが、裏返して言えば、「眠くなりそう」という気分を、事前に阻止しようとする機能ということですね。

単純作業をしている時や興味が持てない講義を聞いている時、まじめな会議の最中など、あくびが連鎖してしまうというは、あくびをする人の多くは「退屈」「眠くなりそう」という思いを抱いているということです

やはり、眠気とあくびは深い関係があることには間違いなさそうです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

SLEEPSの注目記事を受け取ろう

生理中眠い女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SLEEPSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部

SLEEPS編集部です。