全身痒い!眠れない!就寝時の辛すぎる痒みを抑える方法

全身が痒くて眠れない女性

全身痒いという症状に悩まされ、ぐっすり眠れないという不眠症があります。

布団に入ってからやってくる我慢できない不快な痒みには、心因性のものも多くなかなか原因が特定できないこともあります。

皮膚の状態や環境を改善して、痒みを防ぐポイントをご紹介します。

全身痒い!むずむず肌で眠れない時は思い当たる原因を特定して対処!

原因を探す様子の写真

皮膚の乾燥、皮膚疾患による痒み

保湿やスキンケアを徹底しましょう。

症状がひどい場合は薬局で薬を処方してもらうようにしましょう。

心因性の蕁麻疹などもありますので、ストレスを発散させることも大切です。

ストレス、自律神経の乱れ

リラックスしている時間帯に痒みの症状が表れることが多く、思い当たる原因もなく痒みで眠れない人の多くは、自律神経のバランスの乱れが原因だとされています。

ストレスをなくし、食事などの生活習慣を改善しましょう。

低栄養、脱水による乾燥

スキンケア不足、皮膚の乾燥、体内外の状態が悪化して痒みが起こります。

正しいスキンケアを心がけて、栄養面も見直しましょう。

ノミやダニなどのアレルゲンや虫刺され

痒みのある所に噛み後があります。

寝具を天日干ししたり、新しいものに交換しましょう。

肝疾患、腎疾患、糖尿病など他の病因による痒み症状

他にも黄疸などの症状があります。

専門医の診察を受け相談しましょう。

痒みの原因となる習慣や環境を見直して改善!

寝室の写真

寝具や衣類の素材

化学繊維(レーヨン、ポリエステルなど)は痒みを誘発します。

痒みを軽減する素材として、木綿やガーゼなど柔らかい素材の生地を使うようにしましょう。

清潔を心がけ、洗濯は洗剤などの成分が残らないよう、よくすすぎましょう。

温度や湿度

冷暖房による乾燥は痒みの原因となります。

温度は24~26℃、湿度は40~60%が快適な環境とされていますので目安にしましょう。

体を冷やすと痒みを軽減することもありますが、冷やし過ぎて体調を崩さないようにしましょう。

食事

毛細血管を拡張させて痒みを強くさせるアルコール、コーヒー、香辛料などは就寝前には控えるようにしましょう。

入浴とスキンケア

肌は清潔を保つことが大切ですが、入浴時はゴシゴシと肌を擦り過ぎないようにしましょう。

洗い過ぎは、肌の潤い成分まで洗い流してしまい乾燥の原因となります。

洗浄料はしっかり洗い流し、入浴後は保湿クリームなどで肌に潤いを与えましょう。

まとめ

痒みの原因には様々なものがあります。

不眠症からくるストレスにより、更に痒みに襲われるという悪循環に陥る前に、対策をしっかりとるようにしましょう。

保湿とスキンケアをしっかりして、より良い肌環境を作りましょう。